デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 13日

好きなときに・・・・

明日日本全国、世間様はバレンタインデーですね。
女の子から愛を告白する日・・・だそうです。

僕は、バレンタインもホワイトデーも、クリスマスも、
あまり興味がありません。

好きなときに、愛を伝える
それで充分です。

きっかけは?と聞かれたら、
「伝えないと後悔する」と思ったら、実行します
電話するなり、メールするなり、手紙書くなり

断られたら?と聞かれたら
バレンタイデーだって同じ。
まずは気持ちを伝えることから始めれば、いいんじゃない?

毎年同じモノでも良いの?
モノにこだわるから、悩みます。

バレンタインデーが特別な日というなら、
僕は好きな人と、毎年違った感動を共感し合いたい
些細なことで良いから・・・・
今日はいつもより多くいっしょにいられた、笑顔が多かった
そんなことでいいんです。


感動を忘れずに・・・・・・
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-13 07:42 | 処世術?
2005年 02月 11日

プロミスリング -2-  ゆとり

私は元々短気で・・・・という話で終わってしまいそうなのですが、実はそれだけじゃぁない。
「怒らない」という事はここでいう「ゆとり」の必要用件なのですが、「相手のペースを考える」ということでもあるのです。

自分の言いたいことだけ言う
 さらに要求が通らないと言って怒ってしまう
自分の仕事が手一杯で、人の話を聞く余裕がない
いろいろ事例が挙げられそうですが、そんなネガティブなことに目を向ける必要はないので、これくらいにします。
要は、まずは聞く耳を持つ。
さらに相手が何を言いたいか、どう進めたいか、考える。
そうしなければ、過去から未来に向かって、双方にとってWIN-WINの関係は築けないと思います。
そう。自分も幸せになりたい。だったら相手の幸せも考えても良いんじゃないか。
自分の主張ばかり言う必要もなく、双方で良くなることを考えたい。

目指すところは、幸せです。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-11 23:04 | My Promise
2005年 02月 09日

仕事を楽しくさせる方法 = 自己能力の拡大

その方法が実感できたのは、つい最近。
もっと早く気づけば、もっと違う成果が上がったのに。と思う。

前の前のデザイン会社の経営理念の中にあった言葉。
「仕事を楽しくさせるには、自己能力の拡大しかない」
文字通りだし、どうって事のない言葉だ。
あたりまえだ。

実はこれ、すごく、あたりまえじゃないのだ。
目先のことに追われていると、楽しくない。
どこかで目先のことを追い越さなくては・・・と思ってがんばって負荷をかけても楽しくない。
やはり自信をつけなくては、と思ってがんばってみても凹むこともしばしば。
じゃぁどうやって自己能力を拡大すれば良いんだろう??
今まで使ったことのない、コンピュータソフトを使えるようになる?
資格を取る?
「やらなければいけないこと」が増えてしまって、結果的には良いことかもしれないけれど、楽しくない。

まずは深呼吸しましょう。
それを行う前に、準備は十分だと思える、もしくは時間をめいっぱい使ってやってみた?
やったんなら、自分の能力はここまでなんだから、それで良いんじゃないかな?
いきなり世界新記録を狙うつもりだったのかい?
そんな能力はないとしたら、後は楽しんじゃうしかないよね。

何が十分か、不十分か。
自分に嘘をつくことなく判断できる能力。
これを身につけることが、自己能力の拡大なんじゃないかな?
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-09 02:03 | デザインの姿勢
2005年 02月 07日

プロポーザル -Proposal-

結婚の申し込みである場合が多いんですが、ここではあえて「プロポーザル」。
同じように、提案であったり、申し出であったりする意味で使われます。

デザインの営業も、ほぼプロポーザルですね。
ほとんどお金になる可能性はないです。悲しいことに・・・・
本当はここのところを切り口にお金にしたいのは、山々なんですがそうも行きません。
日本の場合多くは、「タダ」なんですよね〜。

でもね、意味を持つ世界では、ホントは価値があります
たとえば、恋愛と結婚。
通常別物です。といわれています。そう思います。
でも視点を変えて、いつもその人との接し方としての「プロポーザル」だとしたらどうでしょう?

ほらほら!新鮮じゃない?
その人のために、何か提案してみてよ。
受け入れてもらえるかどうか、ドキドキしない?
自分のしたいことばっかり言ってないで、相手に対して提案してみてよ。
してくれないことに対して不満を言わないで、提案してみてよ。
きっと何か変わるはず。
ドキドキが取り戻せたんじゃないかな?

僕は、死ぬまで提案し続けたい。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-07 21:28 | 処世術?
2005年 02月 07日

メタ認知

先日、学校で行った授業の成果発表というか、学外展を行った。
予想以上の来場者数とを知るとともに、皆様の関心の高さを知った。

ここで知ることによって、「メタ認知」という言葉、「ポートフォリオ評価」という言葉を、私は体得した。
「なんのためのデザインのプロセスか」ということは、必死に取り組んでいるうちはわかりにくい。
しかし、今回の展示で明らかに他者にプロセスを説明することで、個人のオリジナル、グループワークとしてのオリジナル、という「考え方」=「考える方法」を学んだと思う。
この展示会にしっかり参加した人は、最後の学びとして「自分を客観視」できたことと思う。

やはりデザインというと、できあがった形態に興味を持つ人が大半だろう。グラフィックにしてもプロダクト製品にしても。
モノがそう簡単に作れなかった時代は、そうだったかもしれない。でも今は生産技術は上がり、より高度な色、形が市場に流れているのだ。
そうなってくると、「どういうモノか」という「考え方」「伝え方」が重要になってくる。
これを「ユーザーセンタードデザイン」などと呼ばれているゆえんだ。

この考え方、プロセスを無事ゲットできたかできないかは、彼らの今後10年を決めてしまうだろう。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-07 08:30 | デザインの姿勢
2005年 02月 06日

プロミスリング -1-  感謝

まずはトップバッターには、今まで出てきたとおり
「感謝」です。

いままで、こう「普通」に暮らしていると、「普通」なだけに「感謝」ってかんじない。
良くないと以前は思ってたけど、どう感謝して良いかわからなかった。
そりゃぁ、何かしてもらったとき、「ありがとう」はもちろん言えます。
でもね、それだけじゃぁないでしょう・・・・・

何かを失って、普通じゃなくなったとき、すごく大変なことに気づきました。
普通じゃなくならないと人って気づかない、愚かな動物だとその時思いました。
自分がここにこうしていられることすべて、僕にとって「感謝」の対象です。
道ばたのゴミを拾ったり、おばあさんに道を教えてあげたり、良い天気だったり、
雨が降っていたり、人とぶつかってしかられたり・・・・・・
ゴミを拾えることだって、誰かが捨ててくれたり、
僕が活動しやすい天気だったり、じっくり家で考え事をさせてくれる雨だったり。

ましてや僕を支えてくれる人たち。

この気持ち「感謝」は、絶対に忘れることなく生きていきます。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-06 00:10 | My Promise
2005年 02月 04日

時間の買い方

時間を買える人は少ないというけれど、ホントにそう思います
では、僕も有効にお金を使っているかというとそうでもないですが、
まずは僕の時間の買い方を紹介しましょう。

時間は滅多に買えないので、また、大抵高額なので普段は質素に暮らしています。

では、どんなときに使うかというと
「人と楽しむとき」
僕の場合、これにつきます。

ご飯を食べる。遊びに行く。旅行先で・・・・
例を挙げればキリはないのですが、人と何かする、それも滅多のそうしないことならなおさらそこでは時間を買いまくります。
だって滅多にないことですし、僕一人で使うお金なんてもったいないでしょ?
確かに良い服着て、車買ってとか、自分を満足させるのも良いんですけど、
その人の存在って、そんなモノではかるなんて変だと思うのです
どれだけその人は、周りの人が支えられているかとか
その男の価値は、やっぱりその男の親友が決めるんじゃないかって思うのです。

うまく言えないけれど、仲間が増えていくことに僕は幸せを感じます。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-04 21:31 | デザインの姿勢
2005年 02月 03日

プロミスリング 序

昨年9月、プロミスリングを購入。
恋愛話のような、自分の人生訓のようなお話。
(恋愛といっても、リングというところしか引っかかってはいないのだけれど・・・・・)

元をただせばさらに2年をさかのぼる。2002年8月のこと。
とある事件をきっかけに、精神的なダメージを受け(まぁこれは因果応報なのだが)
低迷期があって、ちょっと復活期があって、
結局のところ、2003年8月に再度落っこちてしまって。
自己反省と内省の日々を送る・・・・・・・

9月30日のある日、それはやってきました。
ぱくっと、運命が開けました。

2002年8月から、この2003年9月30日までの地獄のような苦悩の日々。
ここで得たことをベースに、今までデザインのつぶやきとして語ってきました。
2004年は順風満帆という文字のごとく、本当にいい1年でした。
いい出会い、いい環境。すべてにおいて。
これは本題ではないので置いておくとして。

この運命の日から1年を迎えて再決意の意を込めて
2004年9月プロミスリングを購入しました。
9月にちなんでサファイア。
また6つのお約束をしたので、石もちょうど6個。
これを、おいおい語っていきます。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-03 15:04 | My Promise
2005年 02月 01日

甘え?お願い?

簡単といえば簡単だし、難しいといえば難しい。
境界もはっきりしない。

頼りにしていいことと、甘えは違いますよねぇ。
どう違うの?
そう考えると難しい。

僕が思うに、人は一人ではうまく行かないことが多い。
というか、簡単なことでも「一人でやろうとするな」と思うのです。
もちろん一人でもできるとは思うのです。
でもね、ここをあえて一人でやろうとしないとすると、どうでしょう???

ほら、人に「お願い」するところが見えてくるでしょ?

この繰り返しをしていき、難しいことにチャレンジしてみると、
「一人でできること」と「人にお願いできること」、「お願いしなくてはいけないこと」が見えてくるはずです。

これもわからずに「お願い」するのは「甘え」だと思うのです。

さらに付け加えると・・・・・
一人でもできることを人にお願いすると、
お願いしたにもかかわらず、
「感謝の心」を忘れがちです。

こんな簡単なことを繰り返すと
「増長」であり、「傲慢」になってしまうのです。

感謝の心を忘れず、人にお願いし、頼りながら、人との良い関係を築きたいですね。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-02-01 02:11 | 処世術?
2005年 01月 31日

信じると言うこと

そろそろ、記事の内容がだぶり始めるのではと、ドキドキしながらの投稿です。

・(人を)信じたいけれど信じることができない
・自分が一番信じることができないやつ

良く聞くフレーズだし、自分もそう思っている時期がありました。
いろいろ考えて、紆余曲折しながら生きてきた末、ある程度答えが見えてきた気がします。

だいたいにして人を信じることのできない人は、人からも信じてもらえない。
孤独はつきまとってしまいます。
僕自身、そんなのはいやなので、信じてみることにします
裏切られたら?それは自分に見る目がなかったって事。
勉強しましょう・・・・・・
そんな事していると自分も信じることができなくなってくるでしょう・・・・
いわゆる自信喪失ってやつ。

僕が思うに、まさに「ここ」なんだと思います
失敗経験による自信喪失からの立ち直り方ですね。
現実を直視すれば、自分の能力不足。
能力が足りないのであれば、能力をあげましょう。
次は「繰り返さないように」気をつけましょう。
忘れないで欲しいのは、繰り返さないように気をつけ続けること。
(ちゃんと覚えて学習してくださいね)
そして、それができると云うことを「信じること」
まずは自分自身を信じましょう。
自分以外に自分を信じる人はいないんだ位の気持ちで、信じてください。
ほんとは失敗なんてないんです。
うまくいかなかっただけ。ただそれだけ。

皆さんがうまくいくことを、僕は信じていますよ。
[PR]

# by Guild_HALL | 2005-01-31 12:40 | 処世術?