デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 18日

ロングライフデザイン

難しい話ではなく、デザインは古くなると言うこと
でも、古くならないモノもあるんだけど、それは何故なんだろう?
と考えたことありますか?

奇をてらったモノは、比較的飽きられやすい。
xx年代を象徴するような、デザインといわれてしまう
でもごく普通に見受けられるモノは、かなりロングライフなデザインが多い

時代に即したキレイにまとまっているモノは、ロングライフになりやすいんじゃないか?
名刺のデザインの本を手に取ってみる
おそらく今は良いかも知れないけれど、数年後には「変」というモノも見受けられる
逆に、今見てもさほど新鮮ではないけれど、
文字がキレイだったり、
レイアウトがキレイだったり
差し色が効いていたり
そんなちょっとしたデザイン要素を持った物は、数年後でもキレイに見えるんじゃないかと思う

そう、奇抜なモノよりも基本を押さえて、時代を差し色程度にあしらったモノがロングライフになるんじゃないか。
そんな気がしてならない。

by Guild_hall | 2006-03-18 01:24 | デザイン


<< 自分の望む状況と、現実      情報デザインの授業で伝えたいこと >>