デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 13日

効率の良いデザイン開発 -続き-

 あまりにも一般的すぎて面白くない。というご指摘を頂き、それもそうだなと思えたので補足。

 最終イメージというのは、完成されたデザインのイメージの事じゃないんです。そのはてなマークに包まれたデザインを、クライアントにどう見せているかというイメージで、そのはてなマークデザインを、生産して販売して、購入して、どう使って喜んでいるかが見えるかどうかなんです。
そりゃぁ事細かに、はてなマークの部分の霧が晴れて見えればいいですが、そううまく見えるモノではありません。
少なくとも、「どうクライアントに見せれば効果的か」くらいはイメージ・把握していないとダメですということ。

それを考えれば、パワーポイントでつくればいいのか、Flashがいいのか、レポートを厚くして持って行けばいいのか、必然性のあるモノ・喜んでもらえるモノが見えてくるはずです。
そしてそれをつくるための時間を確保して、それらを理解するための時間を確保して、アイデア展開をする時間を確保して…といけば自ずから、デザイン全体を行うための時間が見えてきますよね。
結局のところプロジェクト全体のスケジュールが見えていないとダメと言うことになります。
とすると、「デザイン」の大元の意味である「計画」ということも理解できるはずです。

だって、そもそもプレゼンテーションってプレゼントなんだよ。
相手のことを考えて、プレゼントするのは当然でしょ?
[PR]

by Guild_HALL | 2005-04-13 22:30 | デザイン


<< 水のごとく      見込みがなかったんじゃない? >>