デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 29日

アップルとサムスンを見て、今後何をデザインするのか?

アップルが訴訟で勝った意味
を読んでみて、そうだよね〜と思った。

今、日本のメーカーの多くは、「どんな効果があるか?」証拠を求める
そりゃぁ売れるか?儲かるか?生き残れるか?開発に託すわけだから、いろいろなもっともらしい理由を求めてくる。

アップル社のiPhoneなどのデバイスにおいて、今回認められた特許の優位性、差別性には、もっともらしい理由はおそらく提示できなかったはずだ。開発当時は。。。。

つまり、提示できないものは開発も含めて、見送られてしまう。
かつての先進的イメージが無くなった品川のS社は、まさにそれなのではないか?
見たわけじゃないけど、体験的にはそんな感じがする

つまり、サムスン社も今後も「これ」をないがしろにすると、S社同様の運命が待っている。
いやいや、日本の電機メーカーと同様なのだ。

じゃぁ「これ」とは、いったいなんだ?
根拠が不明でも良いのか?誰が責任をとるんだ?と言う意見もあるだろう。
一つづつ答えると「これ」というものは、「そこにあるもの」そのものだと言える。
たとえば電話ならば「電話」なのだ。ゲームができたり、ネットワークを利用して、データ通信できたり、と言う機能はあっても良いが、それがすごく重要かというとそうでもあるしそうでもないのだ。
簡単に言えば「だってそうなってるんだも〜ん」ということが、受け入れられれば売れるし、受け入れられなければ売れない。
機能を中心に「そうあらねばならない」的な合目的な開発は時代に合わないというのが言いたいこと。

「こっちのみ〜ずはあーまいぞ〜」と言われて、
  糖度はどれくらいか?
  砂糖なのかアステルパームなのか?
とかそういう理由では、今後ものは売れないだろう。
「あまいんだな〜」と購買者が感じて、「これだね」と言わせることができるものが売れるものなんだ
[PR]

by GUILD_HALL | 2012-08-29 21:59 | 次世代デザイナーの要件


<< デザインとブリコラージュ      作文を書いてみて。何がデザイン... >>