デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

デザインと学問

母校:多摩美術大学の芸術祭も開催中であるが、僕のゼミの教授がデザイン学会/情報デザイン部会と情報処理学会第140回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会と情報処理学会SIGUBIユビキタスコンピューティング研究会の合同研究発表会を聴講してきた

感想は、現在の僕の興味関心の領域に、今回の発表の多くは入っていなかったということ。

教授の発表の中で興味深いのは
 デザイン:作ってから考える
 学問:考えてから作る
という気付きだ。

つまりデザインは
wants(欲しい物を表す) --> make(作る) -->appreciate(味わう) --> understand(理解する)
という脳みその流れに対して、学問はその逆のパラダイムを持っているようだと言うこと

そしてビジネスはどうかというと、デザインと同じなのではないかと思う
特に現在、「現在日本が元気ない」と言われ、新しいビジネスは(日本から)起きてこない
仕事自身もオペレーションという、どう効果的に数字を上げて扱うかに特化しているように思う
それがビジネスだと多くの人も言うことだろう

本当にそうだろうか?と疑問を持っているのが僕だ
wants(欲しい物を表す) --> make(作る) -->use(使う) --> pay(お金が流れる)
学問のように逆には行かないような気がする
(useとpayが逆ではないかと言う方もいるだろうが、使うイメージがわかない物は誰も買わない。
 仮想的に使っていると思うのが僕の意見)
それ故、

学問は、記録が残る(確実に!最たる物が論文だ)
デザインをし続ければ結果は残る(デザインされた成果物は残る)が、基本的には行動が表されていると思う
結果ではなく、行動そのものは記録に残りにくい
それが「生きている!!」ってことだろうなぁ
[PR]

by guild_hall | 2010-10-30 07:50 | デザイン
2010年 10月 25日

センスは意識だ!!

改めて掴んだ!「センスは意識だ」
自分の意識がどこに、どのように、感情とそれを取り囲む状況の中にあるか?
それが自分がこれから表現しようという「デザイン」に現れる。
その上に「スキル=技術」が成り立っているのかもしれない

デザインセンスを高めるには、意識を高めることが必要なのではないだろうか?
では意識を高める事とはどのようなことか?何を行えば意識は高まるのだろうか?

単純に「観察」だけだ

いつもと同じように同じ視点で同じだと思って観察する限り、何も発見は得られない
もし発見できたなら、なぜ、どのような気持ちでどんな風に発見できたか?
さらに観察すると良いだろう
その地道な訓練が実を結ぶはずだ

そう、そのときには「オートフォーカス」できるんだ
[PR]

by guild_hall | 2010-10-25 11:50 | デザインの姿勢
2010年 10月 19日

スマートフォンって、何?

auもスマートフォンに乗り出した。
結局の所、概念「スマートフォン」であることに間違いはない
直訳すれば「賢い電話」になるのだろうか?

携帯情報端末の機能がついているというけれど、日本の携帯はアプリがついているのでほぼ全部スマートフォンだったに違いない
ただ大きな違いは、ディスプレイが大きく、タッチパネル型の物が多いというくらいで、
iPhoneタイプと、HTCの02モデルのような小さなタイプに分かれると思う
今や電話「番号」を押す数字キーでさえもタッチパネル化している
(もちろん例外はあるだろう)

外見的特徴は様々だが、問題は「スマートなソフトへの思い入れ」ではないかと思う
お財布機能がついたのは、それを利用しているユーザにとってはうれしいことだと思う
(いままでiPhoneと2台持っていた人も多いだろう)
しかしながら、お財布機能はこの携帯で、電話機能はこの携帯で、というジレンマは変わらないのではないだろうか?

ポイントは、使い慣れた習慣を変えるのは難しいということにつきると思う
[PR]

by guild_hall | 2010-10-19 09:02 | デザイン
2010年 10月 13日

ハイブリッドビジネス研究会

最近の仕事への取り組みは、今までの受注型の業務から
異業種を組み合わせてWIN x WINの関係をデザインする事へシフトしつつある
それが、今回のタイトルでもある「ハイブリッドビジネス研究会」のおかげでもある事は間違いない。

いろいろな業種・メーカーの部課長が集まっている非営利団体だ。

今年は大変な年だったがこれからは、良い意味での大変な年にしていこう
[PR]

by guild_hall | 2010-10-13 00:56 | デザイン
2010年 10月 06日

Flashも善し悪し

以前から言われていることですが、Flashも善し悪しだと。
一番困るのは、Googleなどでページを翻訳してくれないことですね

デザイナーにとって一番やりたがりそうなインターフェースにFlashを使われると、アクセスできなくなる
これは困る。

だんだんと世界へ目を向けていかないと、地域密着型の商店で終わってしまうよ。
[PR]

by guild_hall | 2010-10-06 06:46 | デザイン
2010年 10月 04日

まがい物をデザインするな!!

先日、ある展示会での出来事。
その会社やその業界の商売の邪魔をする意図で、このブログに書いているわけではないことを最初に記す

ある鰹節メーカーの新製品。
「鰹節を細かく刻み、だしを出やすくしました。
 さらに、鰹節エキスを噴霧してあるので、従来より濃厚なだしが出ます」
というもの。

堅い鰹節を細かくすれば、確かにだしは出やすくなります
鰹節削りではないにしても。。。。

ここまでは、鰹節だしだから問題はないだろう。
「鰹節エキスを噴霧」しちゃったら、顆粒で市販されているだしと変わらなくなってしまうのではないか?
それを「鰹節だし」として売ったら、いけないだろ?
これは「まがいもの」なんじゃないか?
偽物ではないけれど、れっきとした「まがいもの」だろ?

苦肉の策なのはわかるし、市場も消費者も「速くおいしい"だし"が取れるようにして欲しい」というのも何となくわかる。
こんな物をデザインして良いなら、檜のおがくずに鰹節エキスを噴霧すれば、木の香りの良いだしが取れる

良識に沿ってデザインしよう!
[PR]

by guild_hall | 2010-10-04 08:17 | デザインの姿勢