デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 09日

選挙 勝利?大敗北?

先日衆議院議員選挙が行われた。
結果は、多くの人が知るところである

マスメディアでは各社こぞって「勝利」「惨敗」などなど、勝ち負けを記したことを書いている
そのことは別に悪くも良くもない話で、ここで取り上げる話ではない

では何を取り上げるかというと、これらの大敗北や勝利というものは誰の視点であるか?という点である
つまりどちらかの政党の視点で書かれていて、僕ら生活者の視点ではない。
結果としてどちらかの政党が第一党になり、国政の方針が変わることは大いにあり得る
アメリカですら、共和から民主になると戦争に対する考え方や福祉に対する考え方が変わるわけで、
そりゃぁ当然でしょう...といわざるを得ない
むしろ、そういう選択をしていることに私たちは責任を取った方が良い

そしてデザイナーにとってのポイントは、本当に価値のあるものを提案し、従来の製品ラインナップから見たデザイン・商品ではなく、使う人にとってそれはどういう存在であるか?問い続ける必要・そのある視点から見た商品像への責任があると私は考えるのである
[PR]

by guild_hall | 2009-09-09 14:01 | デザイン
2009年 09月 03日

2009年Gマーク展を見て

お久しぶりです
くだらないアダルト系のコメントが付くことに嫌気がさし、投稿することをためらっていました
引っ越しをしようにも、エキサイトブログは閉じられていてうまくいかないようです
どなたかアドバイスをいただけたらと思います

さて、今回のテーマに戻ります
昨年にも似たようなことを書いた気がして、探したけれど見つからなかったのでまぁいいかと書き記すことにします

どう思ったかと言えば
「この彫刻展をGマーク展という」ことに飽き飽きし、
「じゃぁなんだ?」ということをシェアしようと思う

確かにスタイルも良いし、色使いもきれいだ
持っていたくなる。そのようなものであるのは確かだ

でもね、もうパソコンもあるし、携帯もあるし○○もあるし.....とこれ以上いらないのである
詰まるところ、「所有欲」は刺激してくれるが、それ以上は与えてくれない
以前なら持っていないから、持つことと使用すること、そしてその二つを経験することができた
今は持っているから、使用することにあこがれもなければ、ワクワクすらない
ブランド品ほどブランド力もないもの、しかもすぐに廃れてしまうものにお金を出したいと思わない
彫刻・美術工芸品ならまだしも、すぐに廃れてしまうものをあまり凝視してもワクワクしない

「じゃぁなんだ?」ということをいえば、ワクワクさせてくれる使用感・行動を変えてくれるものを望んでいる自分がいる
例えば「魔法のクーポン券」がデザインされ、それを手にした人は、仕事やしがらみから解放されて望むところへ旅行に行き、思いも寄らなかった体験をして帰ってくる
ぐらいのことが起きれば良いなぁと思っている。

「そんなもの、デザインできるわけがない」というかたは、どうぞ今のGマーク展をごらんになって頂きたい。
「体験のデザインなの?」というかたもようやく芽が出始めた、「情報デザイン」を観察すると良いだろう

本当のデザインを、僕らは知らない。
[PR]

by guild_hall | 2009-09-03 13:37 | デザイン