デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 15日

自分にいいわけを与えるな!

先日久しぶりに某テレビ局の「恋のから騒ぎ」を見た
テーマは「結婚できないと感じるとき」だった気がする

彼氏が振り向いたときに、自分がさめるとか
自分が「Sでいつづけなくてはいけない」とか
自分の性格上男性の「ある仕草が許せない」とか
自分が「凜として生きていく」のに、かっこわるい自分が許せないとか
まぁそんな類の事が話されていた

別に悪くないし、そういう人生もあるだろうし、ましてやテレビだから気にとめる必要もないのだけれど、そういうことを現実に身近で聞くこともままある

結局の所彼女らは自分が好きなことをせず、もし好きなことをしてもそれを受け入れられている状態はいつか終わると思っているようだ
始まってもいないし、終わってもいないのに、終わることが怖くて自分にいいわけを与えて逃げているように聞こえてきた

ホントは
彼氏が振り向いたときに、自分がさめるふうに自分を仕向けてみたり
自分が「Sでいつづけなくてはいけない」と言い張ってみたり
自分の性格上男性の「ある仕草が許せない」ようにしているだけだったり
自分が「凜として生きていく」のに、かっこわるいをつくりだしていたり
それらは全部自分で創り出していることだということに気付いてもいいなぁとおもった

何かやるのに「お金がない」というのも非常に都合のいい「いいわけ」だと思う

ポイントは、自分は幸せになりたいのに、そんな幸せはあり得ないと言って自分から幸せのステージをおりる「いいわけをいくつも自分に与えている」と言うことだ。


別にかまわないけれど、若さも人生も限りあるからこそ「もったいない」
[PR]

by guild_hall | 2009-06-15 18:14 | 処世術?
2009年 06月 09日

マーケティングとデザイン

未曾有の不況という。そしてマーケティング。
商品開発にはマーケティングは欠かせなかった。今までは。
未曾有というからには、今までにないという事を意味する
つまりマーケティングの領域の中でも、調査や比較はあまり意味をなさない
なぜなら、比較や調査というのは過去のデータからもっともらしい「正解」のようなものを導き出す行為であり、未曾有の領域には何ら影響を及ぼさない
もし影響を及ぼすのなら、未曾有でも何でもない。
ただの従来の不況と変わりはない

そしてマーケティングも生き残りをかけて新しい領域を作っている
グリーンマーケティングなど環境をキーワードに含む市場に名前をつけた。
他にもいろいろあるが、何にせよ「ここが新しい市場だ」と言ったわけだ

もしそうだとしても誰かが何かを言ったり、何かが起こってそれらを「××である」というもう既に現在ではない過去に関してつけた名前であることは確かである。

この2000年くらいの間、合理的にものを作り、環境を壊し、文化/文明を築いてきた。
まとまった大きな声にはなってはいないけれど、環境や自然との共生といった声を挙げている人も増えてきているような気がする
マーケティングにはないギリシア神話にあるような、自然と一緒に産み出す文明が始まるのかもしれない
それこそが新しいデザインの一歩かもしれない
[PR]

by guild_hall | 2009-06-09 20:39 | デザイン