デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 15日

20世紀型経済活動の終焉

友人からメールが来た
会社へのメールは、取引先としての登録などフィルターがかかったので受信されにくい/されない
とのこと。

まぁ、私的なメールの送受信はともかくとして、20世紀型経済活動は終わった
・電話の総合受付も自動音声対応となり、内線電話をさらに入れないとつながらない
・プロジェクトメンバー以外への資料閲覧、情報公開禁止
・離籍時にコンピューターはスリープになってロックする

かつてのプロクシーブロックとか不要書類の裏紙禁止とか、倫理規定を補佐するようなシステムではなくなった。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」
完全に過去のものとなった
それが、この世界の経済状況を表しているように思う

決してこのシステムを悪くいうつもりはない
正しくあり、企業存続のための防衛システムであることは言うまでもない

でもこの正しいシステムが産み出す代償とも言えるものは
「人とのつながり」「人の持つ可能性に触れる」
であるといえないか?
[PR]

by guild_hall | 2009-05-15 15:21 | デザイン
2009年 05月 06日

未来のデザイン

デザインというものは、たいてい未来について行う行為だと思っていた。
確かにそうだ
まだ世の中に存在していないから、「新しい」とされているものだから.....

でも、ベースには現在「既にあるもの(存在しているもの)」に対して行っている場合が多い
ポスターなどのグラフィックデザインは、紙やベースになるものに加えられる行為だし
またプロダクトデザインの多くは、「新製品」というカテゴリ−の中の、リニューアルだ。

それが悪いわけではなく、それは現在の文化や製品をよりよくするために必要な行為だ

改めて考えてみたいのは、自分はどんな社会や世界を作り出したいのかという視点と
そのために何をするかという活動だ

何をして良いか?、何をすべきか?ではなく
自分がその世界に必要だと思えることを実行すればいい
そこには大きな恐怖がある。何の根拠もなく、ただの自分の妄想とも思えることだからだ
無駄だと思える行為もあるし、周囲に理解されないという恐怖がある
しかしその世界が本当に望む世界なら、そこに飛び込もうと思う
今すぐには実は結ばないかもしれない
でも確実に何かが動くはずだと信じて、飛び込むつもりだ

それが、今考えて実行しつつある僕の「未来のデザイン」だ
[PR]

by guild_hall | 2009-05-06 19:40 | デザイン