デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 19日

不安を持ったまま、プレゼンにのぞむ

「明日のプレゼンは大丈夫」という自信があるとき、それは過去の知識の再生産を行っていて実は何も新しい取り組みをしていない
厳密に言えば、確かにテーマは違うし、それに伴う表現も違う。
しかしそこには新しい取り組みとしてのチャレンジはない。
新しいチャレンジがあればあるほど、「本当にこれで良いのだろうか?」という答えのない質問が頭を巡る。

すると、時間もきたし、ぶつけてみよう、ダメかもしれないけど....などとつぶやきながら行くモンだ
受け入れられれば、ホッとするし、
受け入れられなければ。やっぱりなぁ....となる

本当のことを言えば、実はどちらでも良くて、相手に選択させることができたということが重要だと思っている
選択させるに充分の提案ができたかどうか?

いや「できていないかもしれないという不安」を充分に持つほど検討したかどうか?
ここがポイントだと思う
[PR]

by guild_hall | 2008-09-19 18:35 | デザイン
2008年 09月 14日

デザインを始める次期

よく耳にする話だが、「自分は今の仕事に合わないので、自分はアートが好きだから、今年でXX歳になるけど専門学校通うか転職しようかどうか、悩んでいる」というのがある

可能性を考えれば、99歳であっても、余命があまりない人であっても、可能性はある。
いずれにせよ、自分の人生に責任を持ち、その先で何があろうと受け入れればよいような気がする

今の仕事が合わないということを作り出しているのは自分だし、デザインの道のほうが合いそうだを作り出しているのも自分だ

そこで苦労を感じるのも自分だし、楽しいを感じるのも自分だ
どっちの道がより多い苦労、より多い楽しさ感じるかは、自分次第。

今の仕事は合わないといいつつも、もし合うということが実現する可能性、デザインの世界に飛び込んで実現する可能性は、どんな世界としてやってくるのか?
それをリアルに描き、それを目指していけばいい。
そこに行きつくまで、ありとあらゆる困難がやってくるし、不安や恐れがある。
その実現させたい夢が大きいほど、不安や恐れは大きいし、躓くことも多くあるだろう

それが人生ってやつなんじゃないか?
[PR]

by guild_hall | 2008-09-14 07:17 | デザインの姿勢