デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 16日

ペース

できるとかできないとか、人と比べてどうとか…
結構こだわりますよね。
さらに「できないんじゃないか…」「劣っているんじゃないか…」
果ては「人におかしいと思われるんじゃないか…」

人にはそれぞれペースがあるし、横並びという考え方そのものに間違いがあるような気がします
よく言われる晩年運とは?早熟とは?
そういう言葉があること自体、ペースがそれぞれにある証拠でしょう
自信をなくしているのなら、自分はペースが遅いと言う自覚があれば良いんじゃないかな?
だってあなたはあなたなりにがんばっているから…

もしもがんばっているけどどうしてもうまくいかないし、何とかしたいという方へ
きっとやり方が違うんだよ。
やり方が違うから、やり方を工夫しましょうよ
「どうすればいいの?」と言われると思いますが、それは「甘えるんじゃない!!」
そこは自分でやり方を発見しないといけないんだと思います
自分でやり方を発見しないと、何度も同じ試練はやってきます。
それが試練ってやつです。
[PR]

by Guild_hall | 2006-08-16 00:46 | デザインの姿勢
2006年 08月 07日

感じると言うこと(原 研哉さんに同意)

いろいろなものが便利になってきて、いろいろなことが当たり前になってきている。
たとえばいまでは、どこでも電話がかけられる。
道の真ん中でも、山の中でも…
しかもテレビだって見れてしまう。

だからあまり感動することがない。
むしろ、「へー!こんなできるんだ!」
という、できることに感動するくらいだ。

もっともっと、日常に気づいて感動しなくてはと思う。

海に行って砂浜で、好きな音楽を携帯Audioで聴くのも良いだろう。
それもいいけど、海の音を聞きながら、砂に埋め込まれているきれいな貝殻を探す(ペンダントトップになりそうな貝殻を探すとか…)ということでもいいんじゃないか?
どんな留め具でペンダントにできるかなんて考えながら、砂浜で日に焼く時間を楽しむのも感じるという事につながっていくと思う。
[PR]

by Guild_HALL | 2006-08-07 08:55 | デザイン
2006年 08月 04日

いつまでWEBデザイン(HTML制作)で食べていけると思っているんですか?

いきなり過激なお題です。
あまりネガティブな発言はしたくないんですが、今回はちょっとそこにふれてみます。

某SNSのコミュニティで、
「大学中退」
「大手に就職したい」
「安定希望」
「将来は、WEBディレクターで企画をやっていきたい」等々…
という方がおりまして、希望を持つのはいいけどまずは大学に入り直そうよと言いたいな。
できれば経済学部とか…

アートでも、デザインでも、安定は望めないと思う。
自分が成長し続けない限り、継続して仕事はできないから…
結構歳行って、新聞読んでいるだけの人は「異動」しちゃうし…

 そもそもディレクターはどういう仕事をする人かわかってないんじゃないかな?
企画を考える人というのは外れちゃいないけど、客先に価値をもたらす人というのが正解だろう。
「じゃぁ営業は?」というなら、答えるけど、現場と客先をつなぐ人。
客先に価値をもたらさないで、つまり儲けさす方法を考えないで、仕事が続くと思っているのかな?
いつまでもサイト構築(HTML制作)じゃぁ、給料は上がらないんだと言うことも同時に気づいて欲しい。
[PR]

by Guild_HALL | 2006-08-04 01:27 | デザイン
2006年 08月 02日

情報とデザイン

結構、同じ話題を繰り返し始めた気もするが、気にしないで進めます

自分のライフテーマでもあるけど、センスの磨き方、何だろうなぁとつくづく思う
情報って…

やはり同じ内容でも受け取り方は全く違ったりするわけ。
晴れの日を仕事日和と思う人もいれば、雨の日を仕事日和と思う人もいる。
必ずしも一つの答えじゃないわけ。

多くのデザイナーを目指しているアーティストは、ポスターやらWEBやら、きれいにレイアウトされた物をデザインだと思っている
きれいに作るために仕入れた情報を「考えたこと」だと思っている

それが通用していたのは(まだしばらくは通用するけど…)、つい先ほどまでだよなと思う。
先端を走っている人はみんな「それじゃヤバイ」と思い始めてる。
もうきれいに作るデザイン、レイアウトデザイン、デザイン屋はホントにヤバイよ。
表現ができるのは当たり前になりつつある。

身の回りにある意味、そこにある意味を見つけ出して再構築するデザインが今、着々と目を向けられ始めている。
[PR]

by Guild_HALL | 2006-08-02 23:46 | デザインの姿勢