デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 29日

投稿月間終了

できるだけ投稿してみようと思っていた7月も終わります。
29日から31日までの3日間、京都大学に伺い「認知科学学会」の聴講をして参ります
なので、おやすみです。

今年も早いもので、もう7月が終わってしまいます
今年もいろいろあったなーと思い、残りの今年をより充実させるよう、もうちょっとがんばろう
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-29 03:13 | 閑話休題
2005年 07月 28日

特撮と音(SWのEP2とEP4)

確かに特撮技術はむちゃくちゃあがった
なんといったって20数年の差があるのだから無理はない
(特別編で改修されているにしても)
あまり注目されていないようだが、音の技術もあがっているようだ

広がり感が全然違う(ちなみにどちらも家庭でDVD映像をドルビーサラウンドで聞いたときを前提)

音の作られ方も違ってきているのだろうか?
それとも圧縮方式など記録方式が違っているのだろうか?

映像の変化は誰でも気づく事だが、あたかもそこにあるようなコトの表現として五感に訴えかけてくるものには気を使いたいものだ。
[PR]

by Guild_Hall | 2005-07-28 07:03 | サウンドデザイン
2005年 07月 26日

デザインの善し悪し

よくできたデザイン、うまくいかなかったデザイン
デザイン活動に関わっていると、自分の制作物にも不満もあれば満足もある

結局のところ、アートなオブジェではなく、世の中に使われ、消費されるのがデザインの役割。
だから、評価は自分ではなく他の人なんです。
他人の評価。
自分がいくら「良いデザインなんです」といったって、人に認めてもらわなければ悪いデザイン。

自分の手を離れたときから、評価が始まっているんです。
皆さんはどれくらい真剣に、手放していますか?

「これはたいした仕事じゃないからいいの」
ホントですか?
どんな仕事でも、評価されてしまっているんですよ。
あの人はこういう仕事をする人だって。

いつでも本番。
だから線一本の気を抜く事なく、仕上げなくては・・・・・と思うんです。

できれば手渡ししたい。メールなんかじゃなくて・・・・
だって、お客さんの笑顔がみたいから。
[PR]

by GUILD_HALL | 2005-07-26 01:20 | デザイン
2005年 07月 25日

デザイン活動における「問題」とは?

皆さんの今いる職場や家庭での問題は何ですか?

例えば、今私がお世話になっている大学の四年生ブースの問題とは何でしょう?
懸命な方なら以下に記載する事を読んでみて、そういう事はよくあるし、うなずけるよね
という方もいるかもしれません
・人数の割に、狭い
・人が多すぎ?
・使用できるパソコンの台数が少ない
・プリンターが遅い
・画材が少ない
・個人の荷物置き場がない(ロッカーは遠いところにある)
・女子トイレが遠い
などなど・・・・・・

おいおい。誰が不満を挙げろと言った。
問題点を挙げなくてはいけないのです。

問題は、現在の不満を問題と勘違いしている事です。
不満は解決しても、次の不満が生まれます。
つまりどのように解決しても、不満は発生するのです
求めるべき答えは、未来です。
誰もみた事がない未来なんです
その未来との差が問題であり、それを解決する方法、手段がアイデアになっていくのです。

だから未来もアイデアだし、その解決手段もアイデアなんです。
その未来を見つけるのは、あなたの視点であり僕の視点ではないんです
だからそこにあなたという存在の価値があるんです。
だから、考えた道筋/考えたものを人に伝える重要さを言うんです
うまく表現してくれる人は、ほかに大勢いるんです
考えはあなたに由来して、あなたにこそオリジナルがあるんだ

もっとオリジナルを大切にしよう
それがあなただから。

だから僕はあなたを尊重します
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-25 02:03 | デザイン
2005年 07月 24日

オープンキャンパス終了

大学前期のまとめである「オープンキャンパス」が修了した。
クラスをまとめてくれた代表がしっかりまとめてくれたおかげで、非常に良くできたと思う。

僕自身がへこたれていたせいもあり、お任せしてしまった。

それにしても、4月からすれば大きく成長した人、そのままだった人。
大きく差が開いたと思う。
素直な人ほど成長は大きいものだと実感。
自分のペースを守りつつ、授業を学んだ人はそれなりの成長。
斜に構えちゃった人、おつきあいで授業に顔を出した人は、そのまま。

という感じで、成績もつけちゃおうかなぁ。

まぁ僕はだいたい、Bが標準だから、授業で普通に成果が上がればBなんだよね
Aは、少ないんだな。
Cはおいおい、ちょっと考えた方が良いよというレベル。
結構厳しいのだ。
まぁもうちょっと考えよう・・・・・・・・・・・
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-24 00:26 | デザイン
2005年 07月 22日

肯定の否定をすることで良い効果を生む例

正しいことを言うことが、正しいとは限らない
--状況に応じて発言すれば、効果は上がる
--正しい発言が目的ではないということ

正確に行うことが、完璧に行うことが、いつも良い結果を生むとは限らない
--油断を見せることで、多くのことが共有できる
--人間味とはそういうものだ

すべての意見に耳を貸す必要はない
--批判もあれば、好評もある
--その批判を受けることで、気分が落ち込むくらいなら聞く必要はない
--批判を受ける余裕があるなら、進んで受けるべし
--そこに成長があるのだ

失敗だと思う必要はなく、失敗ではない
--よく言われていること。そこにあるのはうまくいかなかっ「た」事例だけだ
--人間は誰でも初めてなことがある。うまくいかないのは当然だ。
--そこから何を学ぶかで、次の目標が見えてくるもんだ。
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-22 02:35 | デザイン
2005年 07月 21日

デザインの能力と自分

デザイナーにありがちだと思う「天才肌」
僕の学生の代、クラスメートはすごく優秀で天才肌が多い。
しかもデザイナーとしてのデザイン力も巧みに操れる
結果として、自分はさほど適正もないこともあり成績は下の方だし、憧れているし、今でも憧れる。 

それゆえ、たまたま美大なんかには入ったが、このまま食べていけるか全くわからず不安だった日々が数年続く。
30歳になるまでに結論出そうと

大体にして、よくわからないのだ
デザインとは。何がよくて、何がよくないのか?
比較されて初めてわかるものなら楽だ
なぜなら比較とは、今もう既にあるモノだから
今ないものの提案だけに比較などできない

なんか違うなぁと思いつつ、結論を出すべき30歳を迎えた
結局、こうしている。
わからないことを、わからないままにして。

結局職業とは継続できることなんだ。
苦しくても、楽であっても。
評価され、次の依頼がくる。
これが継続だ。
これのない職業だったら今の僕は、ここにない。
わからないことはわからないままで良いんだ。

僕はデザイナーかと聞かれても、そうだとはいわないかもしれない
なぜなら、継続はしているけれども、上記の友人のようなデザイナーらしいことはできない。
ただ世間で呼んでいる「デザイン」の技能を身につけ、お客様の要望にあう制作物を納め、次のステージを見つめてあきらめずにチャレンジしているだけだ。
それが僕にとっての情報デザイン・アソシエーターなんだと思う。
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-21 23:06 | デザインの姿勢
2005年 07月 20日

すべての人を救うことはできない。

すべての人の意見を聞く必要はないのと同様、
すべての人を救うことはできない。

そういうこと。
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-20 22:17 | デザイン
2005年 07月 20日

人格者としてつきあう友人

僕の大学時代の友人に言われた言葉。
「君とは人格者の君としてつきあっているのだから」と。

好きとか、嫌いでのつきあいとか
主義があう、趣味があうといったつきあいではない
もちろん会話や、行動などはそういったところがあれば、より共有した時間が持てるのは確かだ。

人格者としてみるから、「悪い」行いは「悪い」と指摘しあえるし
「善い」行いは、善いとほめたり喜んだりしあえる。
その人の選択した行動を非難しているわけではないのだ。
その人が精一杯考えた行動だからこそ、認めることができる。
それが後に「うまくいかなかった」「うまくいった」ということはあまり関係なく、
その人が責任を持って選んだ道だから、認めることができるのだ

ホントに信頼のおける友人とはそういうモノだ
だからそういう風に、出会う人に接したい

(いつもありがとう)
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-20 01:38 | デザインの姿勢
2005年 07月 19日

SW エピソード3のプロダクトデザイン

ストーリーもうまくつなげたなぁという話もあるけれど、プロダクトデザインも良くつなげたなぁ感でいっぱいです。

一般に後継機種のプロダクトデザインは、やはり洗練されている場合が多く機能アップだけでなくデザイン面でも「よりかっこいい」「欲しい」と思わせるモノでしょう。
それがうまい具合に、デザインのグレードダウン感を感じさせずに前機種を想像させつつ、古くさくないように、プロダクトをまとめているように思いました。

突飛なのは、パドメの乗っている流線型の宇宙船くらいなものかな?
エピソード4以降は、クロームに輝く宇宙船って出てこない様な気がしますから・・・・
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-19 09:36 | デザイン