デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:閑話休題( 18 )


2011年 08月 30日

大きな愛情と日本の平和

今回はデザインじゃない話。
先日お世話になっている工場の方へお礼をしに、鹿児島に行った
人生 初・鹿児島

桜島こそ行かなかったが、知覧特攻平和会館にいった。

大きな愛情があった。
家族を思う気持ち、恋人、妻、母、兄弟、子供それぞれの思いを手紙に込め、展示してあった。
自分の命と引き替えになるというのは、外側から見た僕らの感想。
肉体は無くなるが、この愛情のエネルギーは生きている

財産や肉親に対して執着することなく、ただ「そういうふうである」だけで愛情だけが存在する
僕自身もそういう風でありたい。
[PR]

by Guild_HALL | 2011-08-30 09:01 | 閑話休題
2011年 07月 01日

昨今の関東の自然環境--放射能の恐怖?避難?ホットスポット?

デザインに関してのつぶやきだから、政治やこの手の問題にはあまり触れたくはない
でもまぁ、そこに固執することなくどんな視点で見ているかシェアしよう。

どうやら、人への障害というのは
・急性
・高濃度(高線量というね。その方面の方々は、放射線視点だから)
・低濃度(同様に低線量という)
があるようだ。(これはあくまでも人への影響度合いという勝手に作った視点)

急性というのは、核爆発が起こったりして高濃度を短時間に浴びてしまった場合の障害。
遅くとも1ヶ月〜半年以内に亡くなってしまうような障害。
たとえばチェルノブイリでは、消火に当たった消防士の方々。

高濃度というのは、短期間で亡くなることはないけれど、後々に障害が起きてくる場合
広島・長崎で被爆された方の中で、5年〜10年で他界された方々
チェルノブイリで、5〜10年で亡くなられた方々。

低濃度というのは、現在でも広島・長崎で被爆されながらも子孫を残し過ごされている方々
チェルノブイリの森の動物たち、森や立ち入り禁止区域で生活されている方々。
つまり確実に被爆はしているが、障害がまだ現れていない方々。

そもそも年間xxシーベルトという閾値を定めているものの、それはどうやって決めたかといえば
「核実験」から。
その核実験で扱う障害は「急性」的な障害と、「高濃度」的障害であると推測できる
放射線作業者の閾値はおそらくそうやって決められているだろう。
では、現在の東日本・北関東といわれている地域のように低容量の測定ははかっていないはず。
なぜなら、研究の対象は核攻撃されたときの被害を食い止めるための研究であり、現在の日本の状況のようなことは核攻撃された後の復興に関しての問題に等しい。
結局研究はされていないはずだ。

つまり「わからん」し、「不明」だと推測できる。
だから本当は「わからない」と答えるのが正直者だろうが、責任者としての政府としてはそうはいえない立場だろう
故に核実験結果から現在のような形になったと僕は思う

幸いなことに現在の福島原発周辺を見る限り、草花、立木は枯れていないようだ
(チェルノブイリ周辺の森は枯れてしまった)
つまり高濃度の放射性物質は、草木を枯らすほどには放出されなかった
ただし、低濃度の放射性物質は放出され続けている
この低濃度の放射性物質濃度は、チェルノブイリの森ぐらいは放出されている

チェルノブイリの森は、皮肉なことに動物の楽園と化し、オオカミや熊の肉食獣も繁殖するぐらい豊かな森となっているようだ。
(もちろん動物を捕まえれば放射性物質が確認される。)
気の毒なのは、ここを訪れる「渡り鳥」だそうだ。
体力を使い果たしてたどり着いても、その体力が戻ることなく死んでしまうらしい

そのように起こっていることにフォーカスを当てれば、被爆しながら自分たちの放射性物質への耐性をあげ、「生き抜く」ことが肝要だと思う
このだだ漏れ状態を素直に認め、生き抜こう!!
[PR]

by guild_hall | 2011-07-01 14:36 | 閑話休題
2010年 08月 27日

デパートの営業時間

デパートの営業時間って、何?と言う気がする
(銀行もそうだけど....)

11時頃開いて、20時頃閉まる
マルイさんが30分くらい早く開店し、30分遅く閉店する
他は大体、そんな感じ

電気量販店が10時開店、9時閉店
某大手ディスカウントストアーは24時間営業
コンビニも大体24時間
ユニクロ銀座店さんは、11時から21時(平日)

フォーエバー21 銀座は、10時30分開店〜21時閉店
母屋の松坂屋さんは、10時30分開店〜19時30分閉店

なんか商売のスタイルが、こんな所にも違いがあるような気がする
結局何を売る所なんだろうか?デパートって?
これだけ物があふれてくると、デパートでなくてはいけない理由があまりない
サービスとしての顧客満足度が高いとか、専門性が高いとか、老舗としてのインパクトの弱さが営業時間にも表れているような気がする
[PR]

by guild_hall | 2010-08-27 14:28 | 閑話休題
2010年 01月 22日

正しくはないが、間違っていない

ちょっと頭休みの話
「正しくはないが、間違っていない」

あるお寺で「くらやみごはん」というワークショップが月1で開催されている
真っ暗な中で精進料理を食すという趣向
もちろん真っ暗だから、「熱いのでお気を付けて....」などといわれるとやけどを気にして、怖さもある
そうしながら食べると、なにやらおいしい
鶏肉?いや、こんにゃく?
などなど参加者からもいろいろなコメントが出る
いずれにせよ「ああ〜そうだよね〜やっぱり○○だよね〜」
と、同意が得られる。

最後に「実は、△△でした。」
如何に視覚に頼っていたかという話もあるのだが、あえて違うことを言ってみると
「正しくはないが、間違っていない」ということだ
真っ暗の中で食べた何かわからないものを、自分はこんにゃくやら、なにやら、
「こうだ」という経験をし、しばらくは「こうだ」というモノが頭を占めていた
この経験は嘘ではないし、全くの真実であるかのようにも思えるほどの体験である。
この体験は間違いで偽りだったのかというと、本当に嘘ではなくそうだと思ったのである。

つまり、「正しくはないが、間違っていない」
そう思うと、日常「こうだ」と思っている全てのモノも、結局はこんな「正しくはないが、間違っていない」だけかもしれないと思う
だとしたら、いくらでも考え方を変えることは可能であると思う今日この頃である。
[PR]

by guild_hall | 2010-01-22 02:29 | 閑話休題
2008年 12月 02日

最近の自分に起きていること

かなり久しぶりに更新します
慌ただしくいろいろなことが起きて、(しかも自分の意図通りに.....)ビックリしています

ようやく10/某日に自分で自分を承認することができて以来、仕事が変化を遂げました。
あきらめていたような企画の仕事を得ることができ、人には恵まれかなりハッピーです

自分の身の回りの出来事への識別能力が上がった様な気がします
だからなんだ?というようなことの方が多く、何でもないことのように扱い、常にワクワクしている状態です

過去の投資(大学院の学費400万,セミナー参加費等々)も、回収のいきおいです
取り急ぎ....
[PR]

by guild_hall | 2008-12-02 10:57 | 閑話休題
2008年 08月 03日

可能性の拡大--オフ会への参加

昨日8月2日、赤坂のイルカシータにて、こだわり社長主催のオフ会に参加してきた。
正確には、彼の会社主催なのだろうと思うが....

参加するにことができた経緯は、今年の3月くらいにさかのぼり、またそこで行動するに行き着く思いは、2003年頃にまでさかのぼる。

要するに、今順調に進んでいる業務領域を手放し、次へ進むための可能性の模索だ。

手放すのだから、かなり本気で取り組まないといけない。
だから時間がかかる。想像以上にかかっているのはやむを得ないが、確実にそれを実現させようとしている。

話をオフ会に戻そう。
140名が参加し、各自銘々が料理と会話に楽しむという以外なにもなく、またそれを頼むことができる140名だった。会場は熱気に包まれながら。あっという間に3時間が経過した。
料理は非常においしく、是非もう一度訪れてみたくなる味と雰囲気、盛りつけとサービスのお店だった。

この日のために僕は相方共々、会社以外の個人の名刺を作り初参加だから、話まくった。
およそ30枚の名刺が手元に残った。
後はまた、アポを取り、自己紹介をしながら自分の可能性の領域を増やすのみだ。
[PR]

by guild_hall | 2008-08-03 09:31 | 閑話休題
2007年 02月 27日

かわいげのある女性

僕はかわいげのある女性が好きだ。
世間でよく言う、「モデルのような人や」や「幼い感じ」などの、外見的な女性的なイメージではない。
また、「やさしくて」「素直で」「純情で」といった、一般的な形容詞でもない

一部分はそういったことも指すのだが、それは部分であって根幹じゃない
では何をもって「かわいげ」というのだろうか

「男女平等」といわれて久しい
当然女性も男性と同じように主張し、責任を持ち、云々・・・・・
同じようにプライドを持ち、責任を持ち、肩を並べるのも良かろう。
そこには「人」として尊敬する「人格」がある。
ただそこにはあまり「女性」がない。
「女性」をもち、さらに「女性」としての「かわいげ」を持っている人はさらに少ない。

ではどこに「かわいげ」のキーポイントはあるだろうか?
僕が思うに、それは人とのコミュニケーション、人との関係の距離の取り方にあるとおもう
だから女性だけを指すわけではなく、男性にもいえる
(ただ女性の場合は、親密になりたい度は高く、男性は一緒に仕事をしたい度が高くなるだろう・・・笑)
よいしょではなく、うまく人を立て(その気にさせ)、目標を達成しようとする。
その「かわいげ」の前には、プライドなんていかにたやすく操れるかを知ることが出来るだろう。

自分もそういった「かわいげ」を身につけたいと、思うこの頃である
[PR]

by Guild_HALL | 2007-02-27 10:13 | 閑話休題
2006年 12月 31日

最近の私

ほぼ一ヶ月ぶりの更新である。
忙しいのもあるが、これはいいわけに過ぎなくてモチベーションが下がっているというのが理由だろう。

以前の原動力は、「授業で伝えきれないモノを、ここでつぶやく」という力であり、王様の耳はロバの耳とつぶやく野原であったり穴の役割であったのだ。
そう考えるとストレスは偉大な原動力になると思う
(別の視点で見ると、ストレスは人に大きなマイナス面も与えてやる気もなくさせる)

今年は修士論文という大それた事を作ることになり、慣れもしない文章作りに四苦八苦している次第。

今年最後かもしれないつぶやきがこんなモンである。
来年は、もうちょっとがんばりたいものだ

書きたい話題
・この2年で学んだこと
・「玉成」というデザイン行為
・デザインの責任の取り方
[PR]

by guild_hall | 2006-12-31 09:48 | 閑話休題
2006年 02月 06日

ひさびさ…

ひさびさに投稿してみる
ほぼ2ヶ月ぶりだ

空いてしまったのには、理由がある
いや、はっきりと知覚するほどの理由ではない
だから、一生懸命理由を考えている(というか、気付こうとしている)

なんか、いろいろ虚しくなってしまった
ネットの罠だなぁ
ここに記そうと思っても、なんか義務感を感じてしまったり
かといって、書きたい話題がない訳じゃなく、なぜか手が遠のかせてしまっている
mixiもほとんど触っていない

リアルな世界が忙しいせいもあるが、それは言い訳にすぎない

そんな訳で、先月末は逃避行
本を片手に、どこへともなく逃げてしまった

手に取っていた本は「Good Luck」 
2004年の6月に初版が刊行され
僕のは2004年の10月43刷という化け物のような本だ
(ちなみにこの本は、住んでいたマンションのゴミ捨て場から拾ってきた)

まぁその本になぞらえて言えば、今の僕は試されているのである
この悪魔のささやきのような日々
いろいろな事を放り出したくなる

まぁ焦らず、前みたいに一歩ずつ行くか…
[PR]

by Guild_HALL | 2006-02-06 05:20 | 閑話休題
2005年 12月 06日

1LDKとペットと独身

世間では言われているようだ
「独身女性で、独りでマンションに住んで、ペット飼っている人」と「負け犬」

負け犬かどうか分からないけれど、やはりある程度年齢を重ねた場合、結婚は難しいかもしれないと僕も思う
どう考えたって、「今、楽しければいい」という姿勢しか見えてこないからだ

そういう「今楽しい」にハマッテいれば、いずれやってくるかもしれない「全くの他人との共同生活」の準備が出来ないのではないか?

足りないところがあるから人に優しくなれたり、思いやりが出来たり
そう言うモンじゃないかな?
無理してでも「2LDK」を購入し、「犬は飼わない」くらいの気負いで一人でがんばれば、
「いくらがんばっても、やはり女の子なんだな」って気づく人は現れるんじゃないか?
[PR]

by Guild_HALL | 2005-12-06 21:56 | 閑話休題