デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:次世代デザイナーの要件( 7 )


2012年 08月 29日

アップルとサムスンを見て、今後何をデザインするのか?

アップルが訴訟で勝った意味
を読んでみて、そうだよね〜と思った。

今、日本のメーカーの多くは、「どんな効果があるか?」証拠を求める
そりゃぁ売れるか?儲かるか?生き残れるか?開発に託すわけだから、いろいろなもっともらしい理由を求めてくる。

アップル社のiPhoneなどのデバイスにおいて、今回認められた特許の優位性、差別性には、もっともらしい理由はおそらく提示できなかったはずだ。開発当時は。。。。

つまり、提示できないものは開発も含めて、見送られてしまう。
かつての先進的イメージが無くなった品川のS社は、まさにそれなのではないか?
見たわけじゃないけど、体験的にはそんな感じがする

つまり、サムスン社も今後も「これ」をないがしろにすると、S社同様の運命が待っている。
いやいや、日本の電機メーカーと同様なのだ。

じゃぁ「これ」とは、いったいなんだ?
根拠が不明でも良いのか?誰が責任をとるんだ?と言う意見もあるだろう。
一つづつ答えると「これ」というものは、「そこにあるもの」そのものだと言える。
たとえば電話ならば「電話」なのだ。ゲームができたり、ネットワークを利用して、データ通信できたり、と言う機能はあっても良いが、それがすごく重要かというとそうでもあるしそうでもないのだ。
簡単に言えば「だってそうなってるんだも〜ん」ということが、受け入れられれば売れるし、受け入れられなければ売れない。
機能を中心に「そうあらねばならない」的な合目的な開発は時代に合わないというのが言いたいこと。

「こっちのみ〜ずはあーまいぞ〜」と言われて、
  糖度はどれくらいか?
  砂糖なのかアステルパームなのか?
とかそういう理由では、今後ものは売れないだろう。
「あまいんだな〜」と購買者が感じて、「これだね」と言わせることができるものが売れるものなんだ
[PR]

by GUILD_HALL | 2012-08-29 21:59 | 次世代デザイナーの要件
2010年 09月 24日

アイデア展開の源

どうやら、演繹法と帰納法というのが、一般的なアイデアの出し方のようだ。
乱暴に説明すると
原因---Aであれば、Bであろう。
結果---Bになったからには、Aであるに違いない。Aを変えよう
原因にフォーカスを置くか、結果にフォーカスを置くか?

現在の世の中、日本、アメリカ、世界.....閉塞感に包まれているらしい。
その「閉塞感」という結果にフォーカスを当てて、原因を探っても、それほど大きな解決策が得られない。
なぜならそう言ったアプローチは、既にどのコンサル会社でもやっているでしょ?

現在そう言った「閉塞感がない」といくら声を大にしてアイデア出しをしても、結局はそこのスタートから逃れてはいない。結局フォーカスはそこにあたっている。

そう、数世紀前、天動説の中にいた我々のように、地面が動いているはずなんてないのである。
しかし、地動説の所に立って新しい未来を創れば、いつの間にか噂されているような閉塞感なんてないことに気付くと思う
[PR]

by guild_hall | 2010-09-24 18:30 | 次世代デザイナーの要件
2010年 08月 01日

あなたは何をデザインしているのですか?

表題の質問についての答えだが
「WEBのデザインです」
「工業製品です」
「ポスターなどの印刷物です」
等々返ってくるだろう。

また一つ、次世代デザイナーの要件を考えついてしまったのだ。

上記のように具体的な制作物を指すのは間違ってはいないのだが、見落としている点があると僕は気づいた
質問を続けよう
その僕らが提供したデザインの制作物は、「クライアントにどんな違いをもたらしたか?」

広告に役立つとか、生産に間に合うというような答えは期待していない
「持っていない状態から持っている状態になった」というのは、期待している答えだが誰もが満足するような「違い」を表現した答えにはなっていない

「今までこれしかできなかったのに、こう言う市場を築いた」
「今まで対面販売しかやっていなかったが、ネット販売をやってみた」
というようなことまで、デザインできるかどうか?
大きなデザインを行う立場であり、責任を負うことであると思う
そのようなリーダーシップをとれるデザイナーは、今後重宝されると思う
[PR]

by guild_hall | 2010-08-01 19:28 | 次世代デザイナーの要件
2010年 06月 15日

インハウスデザイナーの世界戦略

ユニクロ:柳井社長の民族大移動宣言が記憶に新しい
そこに立って、インハウスデザイナーの役割を考えてみる

物作りの基盤が変わってきている
中国は、世界の工場ではない。世界のマーケットの代表である。

インハウスデザイナーの向かうところは、企業経営に役立つデザインを提供することは変わらないだろう。
今までは日本国内を見てきた。
ユーザーは自分たちであり、自分たちの生活であり、立脚点は日本国内に立って考えるだった。

見過ごせないマーケットに中国が加わり、どんどん縮小する日本市場マーケットは今まで日本を支えてきた大多数のマーケットとして今も存在する。
企業の存続はマーケットに委ねられている以上、日本マーケットをにらむ必要もあるが、多くは海外に視点を移し始めている

本社機構を日本に残すとしても、輸出をしているインハウスデザイナーはどのような役割に変化していくのか考える必要がある。
一つの解としては、プロダクトアイデンティティのデザイン提案と、企業戦略そのもののデザインがあるだろう。
いずれにしても、ビジュアルを何とかするというデザインではないことは確かだ。
[PR]

by guild_hall | 2010-06-15 12:36 | 次世代デザイナーの要件
2010年 01月 18日

聴く力 -次世代デザイナーの要件3-

大抵、人は人の話を聞いていると思っている
コーチングの技術でも「傾聴」という

実際の所、ほとんど人の話を聞いていない。
というか聴き方が、次世代デザイナーのためにはできていない。
具体的にどのように聴いているか、書き出してみよう

例えば、「愛している」と聴く場合
1.まず音を「 あいしている」と聞く
2.すると脳みそが、「あいしている」の意味を探し出して、意味をとらえる
3.そして自分が「愛されていること」がわかる
こんな感じ。

次世代デザイナーとしては、これを発展したい
1.「あいしている」という音を聞く
2.その人はどんな人で、なぜこのような表現をしたのか、創作して聞く
3.その創作によっては、憎しみを込めてのことなのか、親愛を込めてのことなのか、どちらも選択可能にする

よって、「ふざけるな!!」とか「これをこうしてほしい」と言われたとき、言われたままにならず、いつでもクリエイティブな応えができるというものだ
これは言われたことを先読みして、行動せよと言うことでは決してない
発された音から発言者の意図を再度自分の頭で創作して、コミュニケーションをとると言うことだ
これは訓練を要するが、これに慣れるとコミュニケーションは非常に容易だ
[PR]

by guild_hall | 2010-01-18 12:50 | 次世代デザイナーの要件
2010年 01月 14日

自己表現スキル

デザインこそ自己表現だと言う視点ではない
たぶんその視点は今まで何人もの人に語り尽くされてきたと思う
『今まで見たことのない「すげー」とか「きれい!」とか言うものを自分は作り出すことができる』
というのが大抵、学校で教えてくれるような、デザイナーの表現能力スキルで、そのためにコンピュータでフラッシュが使えるようになったり、グラフィックソフトが使えるようになったり
そう言ったことに努力してきた事と思う。
それは今までであり、これから先の次世代デザイナーにも必要だろう

そこをあえて「次世代デザイナーの要件」という場合ではどんなスキル要件なのか?今までの自己表現との違いは何か?

私が思うにそれは、「あなたは何者?」という問いにつきる
そのとき「私は、賞賛を浴びることを心の底から願っている人です」くらいの事を平気で言えれば、まぁまぁ良しだと思う。
その下にある思いが「そのときの自分の喜びが人の喜びに繋がっていて、そのときの感動連鎖が欲しい人です」まで言えれば、かなりOKだと思う

「お金儲けがしたい」
「人に感心してもらいたい」
「有名人になりたい」
「良い暮らしがしたい」
というのは、ホンの一瞬の出来事だ。波のごとく人生は移り変わる。

ホンの一瞬の出来事を起こす事を望む人から、感動の連鎖を産み出す表現こそが次世代のデザイナーに求められる要件だと思う。
[PR]

by guild_hall | 2010-01-14 16:38 | 次世代デザイナーの要件
2010年 01月 12日

次世代デザイナーの要件 第一回

最近思うところをつぶやいてみる。
決して正しいことを言うつもりはなく、「かもね...」という感じで読んでもらいたい

テクノロジーが発達して、身近になったおかげで
誰でも「プロっぽい仕上がり」が入手可能になった
年賀状のデザイン本も10種類以上並んでいる様子だ。
デザイン本付属のCD-ROMをパソコンに入れて、プリントのコマンドできれいなプリントができあがる。
10年くらい前は、簡易プリント製版のような、インクを使って刷っていたものだ。
それがいまや、パソコンをさわれる技術があれば、多くの人がきれいな年賀状を出すことができる

そうなると、デザイナーと一般の人との差は何だろうか?という問いも生まれてくる。
「仕上がり」とか、そういった中でも「センス」という答えもあるだろう
もし仮にそうだとしたら、それを見分ける「選択眼」が必要になってくる。
選択眼を持たない人が一般の人なら、お金を払う人も一般の人で、そのできあがりに差を見つけられないなら安い価格を選ぶだろう。
結果デザイナーにはお金が入ってこない事になる。

第一回目は、こういうところから始めて、
 どういう資質?
 どういう技術?
 何が今後デザイナーには求められていくのか?
そういったことを、つぶやく予定
[PR]

by guild_hall | 2010-01-12 17:38 | 次世代デザイナーの要件