デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 07日

卒制について

例年思うことなんだが
「それで、君のトライ、卒制の狙いはなんだったの?」
と今年も思った。

相も変わらず
「先生に聞いた人と聞かない人とでは差がある」
「ちゃんと取り組んだ人と、そうでない人は2分でわかる」
と言われているし・・・・・

3年生は必聴の授業なんじゃないかなぁ。
卒制の審査会は・・・・・・

既存紙媒体コンテンツを、デジタル(例えばフラッシュなど)で表現したところで、何が良いんだろうか?
立方体の展開図をデジタルでアニメにして見せたところで、それが教育コンテンツとしての卒制と言えるのだろうか?
「こうするデザインで、従来よりも学ぶことができます」など提案はないのだろうか?
「フラッシュで表現しました」と言うのが教育コンテンツというのはあまりにもお粗末じゃないかな?
実物に勝る教材はないのに、わざわざフェルトで作ったり、画面で表現させたり。
--->これを他の先生方は、手段と目的を違えているといってると思います。

デザインで何を解決しようとしてるのか?
それを提案して欲しいし、それが卒制と言えるんじゃないかな?

ただの着眼点だけのアイデアではダメだよ。
[PR]

by Guild_HALL | 2005-07-07 08:12 | デザイン


<< 「愛する」の反対語      ノーマンの講演を聴いて参りました >>