デザインのつぶやき

guildhall.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 03日

It's a SONY 展を見て

It's a SONY 展をようやく見てきた。

本当に色々お世話になったプロダクトばかり。ラジオからウォークマン、携帯CDプレーヤーなどなど。
感慨深いものばかり。
本当にいいものを作ってきた会社だと思うし、デザインも欲しくなるようなポイントをついているように思う。
「そういうの、待ってたんだよ!」という感じだろうか?

最近の新製品の階に来て、「?」。
プログラムが簡単なブロックとか補聴器のような秘書機能デバイスなど。
どこかの映画で見たような機能のデバイス。

この10数年、散々多摩美大の情報デザイン学科で研究してきたようなものを製品として出しちゃった感じ。
早すぎるとも思わないけど、「それって欲しいものなの?」という気持ち。

大学で研究し、ITデバイスの開発に関わり、あれやこれややってきて、
現在はカーテン縫製工場という、センサーも自動化システムもないところで働いていると、距離感が半端なく大きい。
本当に普通の生活には、あまり関係ない。
まぁブルートゥースでさえ、あまり必要としない生活だから対象外なんだろうな。

時間刻みでスケジュールが組まれていれば、リマインドは欲しいかもしれないけど
やはり「うるせーよ」って感情は起こるだろうし、便利なように見えて映画並みのワンウェイストーリーではない日常生活では、どの程度貢献してくれるのだろうか??
[PR]

by Guild_HALL | 2017-01-03 11:17 | プロダクトデザイン


     「野生の思考」 >>